収益物件のデメリットについて

気の収益物件を手に入れたとしても、必ずメリットとデメリットは存在します。経年劣化による修繕リスク・空室や家賃低下のリスク・災害のリスクなど様々な不安要素があり、これらをきちんとコントロールできるかどうかが鍵となります。いくつかリスクが発生したとしても立地により解決できるもの、建物の品質により解決できるもの、きめ細かい賃貸管理により解決できるものなどがあるので、運用会社と連携を取りながら収益物件を維持することです。

相続税対策に適した不動産

相続税対策をするためには不動産を保有するのが良いと言われることが多いです。取得にかかる金額よりも評価額の方が安いですから、税金を安くできるというメリットがあります。ただ、どんなものでも良いわけではなくて、不要な土地だけを渡されても相続人は困るでしょう。できることなら収益を得られる物件の方が良いです。たとえばオフィスビルやマンション、アパートなどとして不動産を保有しておけば、相続税対策になりますし、相続人はその後に賃料収入を得ることができます。せっかくですから、相続人が喜ぶ物件を取得するべきでしょう。